小土の家は、30代の夫婦と2人の子供のための住宅です。広い敷地の中に
母家や庭園、畑が配されている環境で、敷地内に2世帯が暮らすためにこの家
が計画されました。母屋の真隣りに配置することとなったため、外壁を、母家
と同じガルバリウム鋼板角波とすることや、平屋の母屋に対してボリュームが
大きくなりすぎてしまわないように、2階建てでありながらも、建物の高さを
抑える計画とするなど、母家との調和を意図しました。
南側の庭を共有し、親世帯との丁度良い距離感を保ちながら、有意義な接点が
生まれるような計画としました。

多くの人が求める住空間として、「明るくて広い空間」があると思います。
しかし、諸条件によりそれが得がたい場合には、様々な工夫を施し理想に近づ
けるべく設計をします。小土の家も多分にもれず、明るくひろい空間をいかに
つくっていくかという試みでした。
南のリビング側を吹き抜けとしながら、フラットな勾配天井に内包させた空間
は、部屋の単位や機能を超え、のびのびと広がりのある住空間をつくっていま
す。南側に拝んだ勾配天井は、直射日光を抑えながらアイレベルでは水平に抜
ける連続窓としています。また、北側の個室の間に階部空間を挿入することで
、北側からの安定した天空光を取得できるようにし、明るく広い空間となるよ
うな工夫をしました。

tel :  054-629-3039
fax : 054-629-3955
i
nfo@mizuno-se.com
〒425-0087
静岡県焼津市
保福島528-1
 
 

静岡県焼津市

住宅

木造2屋建

121.05㎡

所在地

用途

構造

延床面積

写真(C)濱善治
小土の家